認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 【第10回ゆめ風であいましょう イン 東京】大盛況でした! 

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.01.23 Fri 【第10回ゆめ風であいましょう イン 東京】大盛況でした! 

1月20日に行われた「第10回ゆめ風であいましょう イン 東京」、
大盛況のうちに終了しました。
強風のなか、ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。



「少年期は戦争だった」というタイトルのもと、 永 六輔さん・小室 等さん・谷川 俊太郎さんという、まずテレビでは見られない豪華な「ゆめ風呼びかけ人」の皆様が一つの舞台に立っておられます。
その奇跡的な時間に立ち会えた喜び。

第一部は、小室等さんが、巧みに、永さんの「おもしろい話」を引き出してくださいます。
その合間に、涙ぐみながら語られた戦争体験。
貴重な谷川さんの少年期の思いで。
笑いと涙と、戦争の悲惨さが皆さんに伝わった、その手ごたえをスタッフも感じました。

第二部は、小室等さん、こむろゆいさんの音楽と、永六輔さんワールド全開のステージから始まり、
続いて、谷川さんが「ことばと言葉」を紡ぎ編んであふれ出た魂の詩の朗読を。
小室等さんのリードやツッコミで繰り広げられた贅沢なトーク。

会場の皆様は、一言一句聞き漏らすまい、と熱心に聞いてくださる。
その熱気であふれかえる空間にいられたことに、感謝です。

このイベント、ゆめ風発足当時から、応援してくださっている、いろんな著名人のかたがたや、カタログハウスさんのご尽力があって、11回も続いています。(0回、というのが最初だそうです!)

名もなき団体だったゆめ風基金に、応援の手を差し伸べてくださった皆様。
その呼びかけにこたえてくださった皆様。
ずっとボランティアで参加して舞台裏を支えてくださる皆様。



(ピンボケでごめんなさい!ボランティア「ひょうたん島」の皆さんです。みなさん、ゆめ風20周年記念のTシャツを着て、
開演前の準備や裏方にと大活躍してくださいました!)



いろんなかたの力が一つになり、大成功したのだと思っています。
ほんとうにほんとうに、ありがとうございました!


伝え続けていく。
語り継がなければいけないことがある。

改めて考えさせられた会でした。


来年もまた、お会いできるといいですね!!

たくさんの笑顔をありがとうございました!

(長崎 圭子)


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。