認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > コメントのご紹介

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.03.17 Tue コメントのご紹介

桜のつぼみは、まだぎゅーっと、咲くエネルギーを蓄えています。
ひとつひとつは小さいですが、開花すると、
毎年街にピンクのアクセントがつきます。
紹介させていただくコメントと同じようだと思います。

◆震災以降、店のレジ横で、作業所のクッキーの売り上げを寄付しています。今年も続けますよ。(静岡市)

◆世の中には善人と悪人がいるのではなく、ひとりの心に善いところと悪いところがあると信じたい。ゆめ風基金が、善いところをのばす力がありますように。(奈良市)

◆機関紙と共にいつも、この時期に領収書が届くのはありがたいです。今年は確定申告に使います。(兵庫県加古川市)

◆ゆめ風だよりのおかげで、1人東京に行きました。イベント「少年期は戦争だった」は、最高でした。(宮崎県児湯郡)

◆夫の在宅介護で思うように動けません。各地の被災地を思ってせめてもの・・・。(東京都調布市)

◆次々といろんなことが起きる世の中です。早く春が来るといいですね。(東京都足立区)

◆何もできず・・・。でも、ゆめ風だよりを楽しみに。(新潟県長岡市)

◆自分も活動に参加しているんだと思って続けます。(東京都江東区)

◆僅かなりとも、今年もカンパできことがしあわせです。(栃木県宇都宮市)

◆春を感じる。どこかに春が・・・(東京都江戸川区)

◆良く20年も続いたものだと感じます。当時息子が大阪にいたのがきっかけで支援を始めました。(東京都豊島区)

◆いつも「ゆめ風便り」ありがとうございます。20年を機にまた送金いたします。(兵庫県三田市)

◆高齢者にとっても厳しい状況ですが、つながっていきたい思いで、つづけていきます。頑張ってくださいませ。(大阪府箕面市)

◆冬期うつを患い、「自分は必要がない」という思いが・・・。事情はいろいろでしょうが、誰もそんな思いをしなくてもいい世の中に。(大阪府堺市)

◆震災の夏、石巻に福祉ボランティアに行きました。当時のことをいつまでも忘れません。(京都府八幡市)

◆だれもが安心して暮らせる社会であることを願っています。私ができることは限られていますが、応援しています。(愛知県一宮市)

◆消費税アップで確実に生活が苦しくなっています。そんな中で送金できることに感謝。東日本大震災が起きたことを、忘れません。(長野県佐久市)

◆会計報告と領収書、ご丁寧にありがとうございます。揺れぎ続けては、交流の波にしたいです。(東京都清瀬市)

◆声高でなくとも平和のありがたさを伝えたい。(栃木県佐野市)

◆全労済ホールでのコラボ、感激しました。夏のイベントの成功をお祈りいたします。(千葉県松戸市)

◆少しでも、困っている人を助ける人の、お役に立てたらと思います。(北海道富良野市)

◆去年11月にひざを痛めてしまい、今月歩けるようになりました。少し仕事ができるので、協力します。(群馬県前橋市)

心あたたまるお言葉
ほんとうに、ありがとうございます。
東日本大震災から、4度目の3月。
みなさまの支援を届け続けます。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。