認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 「中学生プロジェクト」、行ってきました!(福本)

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.22 Mon 「中学生プロジェクト」、行ってきました!(福本)

6月15、16日。
大阪市の住吉中学にて、初めての「中学生プロジェクト」があり、私、福本も参加してきました!


事務局員・福本が入社以来続けさせてもらっているお仕事のひとつに、中学生と「避難訓練をする」=「中学生プロジェクト」という大役があります。
障害者数人が中学校に出向き、生徒さんといっしょに教室から体育館に避難する、人権学習と避難訓練を兼ねたイベントです。


今回は、3年前にプロジェクトで出会った先生が、転勤先から再び呼んでくださる、という、うれしいお話。
きゃっ!
ほいほいと出向きました。


障害者と避難訓練なんて、おっかない~とおっしゃる学校が多い中、先生と生徒さんの興味と勇気に感謝です。

話すのがもっとも苦手な福本も、中学生の協力を得て30分、「事前学習会」をしました。
自分の障害について、話すのですが・・・。
毎回ドキドキ。
でも、もうこのままのキャラ全開で、生徒たちに飛び込むしかないんです。

そりゃ、あかんときもありますよ。
ちなみに、前回は、すかたんくらって、一晩中、枕を涙で濡らしていました・・・。


そりゃそうですよね。
私はただの脳性まひのおばさんです。
教育実習なんて、はるか昔のできごとですし。
言語障害だけが進化(?)していて、もう酷い有様です。

でも、年に数度、中学生の前に出ると、自分が問われます。
「福本は、この子たちの前に立てる大人なんだろうか」と・・・。
答えは、ノーなんですが (-_-;)   (長崎の声:そんなにいじけなくても・・・(・_・;)


まずは、自己紹介をし、いろいろなコミュニケーション方法があることを考えていただく。
障害者の声を聴いてくださいとお願いをし・・・。
私たちとの明日の避難訓練は不安ですかと伺うと、
口々に
「こわいです」
「やっぱり命がかかってるし」
「ひびるよな」

あはは。
素直に告げてくれて、ありがとうございます。



「人を支えることの恐さ
人に支えられる怖さ
いっしょに生きる道
だから、決して無理はしないで」


と、大きな震える字を残したところで、
「どっちもこわいんよなー。だから、どっちも無理せずに、いっしょに生きていくのがいい社会やねんなー」と
担任の先生が上手くまとめてくださいました。


次の日の避難訓練。
様々な場面で細かな設定の違いはあった模様ですが、掛け声をかけつつ、無事終了いたしました。


参加してくださった、住吉中学校2年生の皆様、先生方、保護者の皆様、
盲ろう友の会、手と手とハウス・応援センター・WAO・ピア エンジンの皆様との出会いに改めて感謝いたします。

ありがとうございました!!

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。