認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 圭子姉さんとの授業風景

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.16 Wed 圭子姉さんとの授業風景

9月15日

圭子姉さんこと長崎 圭子と、おまけの福本 千夏が 
啓発小学校~小中一貫校むくのき学園にお招きいただきました。
「障害ってなに?ユニバーサルデザインって?」というパワーポイントを作って授業させてもらいました。
そのリポートです^^


【3時間目】
五年生、32人の清らかな瞳の中、
圭子姉さんは、45分、やさしく、わかりやすく語りました。

社会にはいろんなハンディキャップを持った人がいるよね。
障がいってなんやろー、普通ってなんやろーと問いかけ、
できないことを工夫する道具は、みんなにとっても、使いやすいのでは・・・と。

シャンプーの容器には、目をつぶっていても
リンスと間違えないように、触れたらわかる突起した目印がついていること。
少しの力で動く文房具などを画像で次々紹介&説明。

「障害って?ユニバーサルデザインって?」という謎を解いてくれました。


【4時間目】
姉さんは電動車いす、福本はキーボードを使ってのコミュニケーション。
なんだか、小学校時代に味わったなつかしい休み時間のようで・・・。
学習になったかは疑問ですが(たぶん、なったよ!! byながさき)、お子さん達とすてきな時間は過ごせたことが、
しあわせな福本でした。


この日の夕方、ゆめ風基金を通りがかった男の子が、ガラス越しに事務所を覗き込みながら、にっこりしてくれました。
また、教室でお顔を覚えた女の子二人が、自転車で風を切りながら、「ばいばい!」と元気な声をくれました。

出来たばかりの小学五年のともだち(?)に、心が弾みます。
ちいさな友達の輪が、地域に広がっていきそうな気がして・・・

(ふくもと ちなつ)
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。