認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 東日本大震災救援本部の動き > 「東北関東大震災障害者救援本部」活動報告・政策提言集会に行ってきました!

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.02.29 Mon 「東北関東大震災障害者救援本部」活動報告・政策提言集会に行ってきました!

先日、2月17日、「東北関東大震災障害者救援本部」活動報告・政策提言集会が東京の衆議院第二議員会館で行われ、ゆめ風基金からは、橘高事務局長、八幡理事、私・長崎が参加してきました。

東京や大阪など一緒に活動してきた救援本部は活動を終え、被災地それぞれが活動を始めています。
今回の集会は、震災以降の活動をスライドで上映したり、問題提起や被災地からの「今までとこれから」を報告したりと
盛りだくさんの内容で行われました。

217東京



第一部では上記の発表があり、救援本部の経験を活かし、提言集を冊子として発行しました。






A4サイズで15ページ。
救援活動で一番重く強く感じたことは、日ごろの障害者が抱える社会問題が、震災という災害でより大きく顕著になったことです。
それらを簡潔にまとめたのがこの提言集です。
今後の活動の大きな指針にもなります。
ほしい!というかたは、ゆめ風基金までメールや電話でお知らせください。


参加者の熱気であふれかえった会場は、休憩を挟んで茶話会へ。
1部とは違ったざっくばらんな会となりました。
(ちなみに進行は私でした~)

『もうすぐ震災から5年とマスコミなんかは言うけど、被災者にとっては日々続いていく日常の1コマで、区切りなんかつかないし、つけられない』との被災地の言葉は、まだまだ続く支援の重みを感じました。


合同の救援本部での活動は終わりましたが、ゆめ風は、活動を続けます。
ゆめ風基金を知らないかたには、是非、お知らせください。
何かお力になれるかもしれません。
復興にはまだまだ時間がかかる。
これからも、いろいろご報告していきます。

(長崎 圭子)






スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。