認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 光陽特別支援学校訪問記

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.03.09 Wed 光陽特別支援学校訪問記

3月2日、光陽特別支援校に、長崎女史と行ってきました!

この学校の高等部のみなさん。
実は、以前、ブログで記事を書かせていただいたのです。

毎年、アルミ缶集めの活動をして、その収益金をゆめ風に寄付してくれているのです。
今までは、活動報告やお礼状を交わすだけだったのが、な、な、なんと!
今回は、学校に来て!と招かれました!
(私が高校生だった頃といえば、男の子のお尻を追いかけてました。へへっ)


どんな高校生なんだろう。

ドキドキしながら、校舎に入ると、春の風に給食の香りと子供たちの声がのってくる。
う~ん・・・いいカレーのにおい・・・

教室に案内されると、3人の生徒さんが緊張した面持ちで待っていてくれました。
(なんせ道路渋滞と、電車が混みすぎてなかなか乗れず、予定より少々遅れた二人だったのでした。もちろん、事前にそうなることは予測できたので、お伝えしてあります^^)

先ずはお互い自己紹介。
そして、感謝の気持ちを伝えます。

寄付していただいたお金がどのように使われるのか、や
「顔の見える、よりそった関係」を作りその中で支援を行っていることをご説明。

・東北の、自立生活の道を歩みだした障害者の拠点が、災害で何もかもなくなってしまったこと。
・福島の放射線事故で、天日干しの作業ができなくなり、屋内の作業所が必要になったところ。
『そんなところにお金は手渡しするように、支援させて頂いています。』
さらに
・ひとつひとつの障害者の生きる場の支援をしていく。
・そんな場所が増えれば、やがて点と点がつながって線になる。
と、東北の現状と支援ヘの思いを語る長崎女史の横顔を、私・福本はちらちら見ながらメモをしていました。
(なんでやねん!君も同じ思いやんか~とナガサキツッコミ)


こんなお招きをいただくごとに、二人の連携も少しづつとれるのかな。

お昼の休憩をはさみ、次は防災について、話し合いました。

『阪神淡路大震災を知らない世代。
地域の避難所はトイレひとつ考えても居づらい。
福祉避難所も近くにあるとは限らない。
行っても入れないかもしれない。
いつ、どこで何が起きるかわからないのが災害ですよね。』と女史は言う。


『郊外イベントも自分たちで企画・計画・実行しているんだけど、
学校はアクシデントなく事を運ぶのを優先に考える。
スクールバスの関係もあって、時間にも追われる。
目的地に行って帰るだけが精いっぱいなんです。』
・・・。
『ほんとうは、人生なんて予期せぬ出来事の連続なのに・・・。
たすけてーっていう前に手を貸してしまう。』
と、担任の先生はうなだれる。

『僕たちもいろんな場所に行きたいんだけど、みんなの体調がいい時もなかなか合わなくて。僕、電車の時間や乗継法なんて調べるのが好きです。』
と、生徒さんは思いを言葉にしてくれました。

いやいや、今はそれで充分です。
すごい!

何かあれば、ゆめ風に遊びに来てください!
私たちはいつでもお目にかかりたいですと、2人は学校を後にしました。

お疲れ出てませんか?
みなさん、ありがとうございました。

By ふくもと


ご要望があればどこへでもお伺いします~!
(by ながさき)
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。