認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 東北関東大震災被災地情報 > ゆめ風基金事務局長 橘高千秋の現地報告

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.20 Wed ゆめ風基金事務局長 橘高千秋の現地報告

 仙台のCILたすけっと(被災障害者センターを立ち上げたところです)に2日間滞在し、避難所や障害者拠点の訪問活動に同行しました。
 たすけっとは地震直後から、200人にのぼる障害者、高齢者に水、食料や介護用品を届けました。
 各地からかけつけた10人ほどのボランティアが、連日障害者を探して避難所や、地域を走り回ってます。
 避難所は統廃合の時期、規模が大きくなれば居住環境も厳しくなり、要援護者のニーズ調査も整理し直す必要があります。社協、障害者作業所、ケースワーカーなどから支援を求める問い合わせがあり、事務所はてんてこまいです。

被災地障害者支援センター宮城写真は
左からたすけっとの井上朝子さん、橘高、名古屋わっぱの正木さん(元神戸人)、たすけっとの豊川さん。
うしろの幕は、神戸在住書家、左右津安輝子さんが書いてくださったものです(朝子さんは人目見るなり鳥肌が立つと激賞)。


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。