認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 東北関東大震災救援本部大阪のうごき > 豊能障害者労働センター 平田和也さんの手紙

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.29 Wed 豊能障害者労働センター 平田和也さんの手紙

豊能障害者労働センター機関紙「積木」225号より

全国からバザーのための品物おくってくれました。
倉庫に、宅配がきました。
スタッフがはこからあけておくりじょうをファイルしてメッセージを、書きました。
はこの中からいろいろなものがありました。
手紙もはいっています。よんでいくとあたたかい言葉がありました。
服も本やタオルはいっていました。食べものもおくってくれてたりします。
いっぷくして下さい、ってメッセージです。
いろんな言葉を、おもって僕達に、メッセージがとどきます。
そして東北からもありました。だいじょうぶかな、どきどきしました。
倉庫が品物でふえていました。
一日でたくさんふえていくと、足ふみができないこともありました。
1枚ずつ読んでいきました。手紙は、お宝ものです。
被災障害者救援バザーを、ひらきました。
スタッフも汗をかきながらたくさんお客さんに、かってもらいたいと思いました。
被災障害者救援バザーを、やれてよかった。
いろいろな人の気持あつまってひろがりました。
皆で楽しくやりました。お客さんは、楽しくバザー品物を、もって帰っていかれました。
本当に、五月一四日土ようびありがとうございました。
しんぱいを、もらってありがとう。
天気がよかった。ステージで笑顔を、いっぱいでした。
この笑顔を、東北に、おくります。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。