認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 未分類 > 「信じられない朗報」

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.16 Tue 「信じられない朗報」

みなさまへ

『残暑お見舞い申し上げます。』
南アルプス市在住、支えあう会「ピーチ&グレープ」代表のSです。
大変な猛暑が続いておりますが、立秋をすぎましたが暫くは続きそうです。
体調には十分注意されて、この猛暑を乗り切ってください。

さて、表記した「信じられない朗報」が、昨朝7時からのNHKニュースで放送されました。
ご覧になった方もおるかと思いますが、情報として流させて頂きます。
電気を使わないで開閉する自動ドアが開発(発明)されたということです。
震災地の宮城県の方が考えた作品だそうです。
実際に車いすに乗って、ドアの開閉と通過の様子映り、歩ける人が通過する様子も映りました。
原理は、床下に重力がかかることで、金具が上下して、重力を利用した作動だそうです。

車いす利用者がドアに触れなくても、前に進行するだけでドアが開き、通過すると自然に閉まります。
エレベーター等の停電での停止の心配、公共施設に限らず全ての建物(コンビニや大型店舗の出入口のドア、
車いす生活者の自宅のドア等)に使用できます。
自動ドアでありながら消費電力は全くない、ということが信じられないことですが、本当です。

設置工事は30万~40万位かかるそうですが、消費電力がないことを考えると、新らしい作品で画期的と考えます。
既に東京都内の大きな建物には採用が決まり、次々と需要が急増しているそうです。
今建設中、これから建設、自動ドアに変えようとしているところ、これをつけてみたいと思う方に、
『』信じられない朗報』をお伝え致しました。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。