認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 東北関東大震災被災地情報 > 「働く」実態調査報告書(第1報) 被災地障がい者支援センターふくしまより

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.10 Sat 「働く」実態調査報告書(第1報) 被災地障がい者支援センターふくしまより

被災地障がい者支援センターふくしまより

2011年11月19日
就労系事業所のみなさま

                   被災地障がい者支援センターふくしま
                          代表    白石清春



「働く」実態調査報告書(第1報)の送付

冬の気配が感じられる頃となりました。
毎日の作業所での仕事はどのような具合ではしょうか。

大変お忙しい中でご協力いただいた「働く」の実態調査、本当にありがとうございました。
遅くなりましが、第1報の報告書ができましたので、送付いたします。
みなさまの作業所での仕事は、以前の姿を取り戻されたでしょうか。
地震、津波に加え、原発事故の影響は、企業の撤退縮小、農林水産物の汚染、地産地消の
仕組みに打撃、購買力の低下など、多くの問題を生みました。

今後、作業所の仕事の減少が、そこで働く障がいのある人たちの工賃の減収問題と東電への賠償請求へと進んでいくこととあわせ、希望を持って思う存分働ける新たな仕事おこしや、除染による環境づくりに取り組んでいかなければ解決の道はないことは、明らかです。

福島にとどまり、そこで暮らすことを決めた人々にとって、暮らしや仕事を取り戻す取り組みに、すべてのみなさんの知恵と力をお借りして、進めていかなければならないことを強く感じています。今後とも福島の総力の集結に、よろしくお願いいたします。

JDF被災地障がい者支援センターふくしまの福島県障がい者事業所(就労系、含む小規模作業所・地域活動センター)実態調査
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。