認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 機関紙「ゆめごよみ風だより」 > 57号 > 2012.3.11 レポート宮古

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.23 Sat 2012.3.11 レポート宮古

機関紙「ゆめごよみ風だより」57号より
2012.3.11 レポート宮古

57miyako.jpg
                     
 3月10日、被災地障がい者センター宮古に行ってきました。センター宮古では月1回、地元の人たちを招いて交流会を開いており、今回は少し大きな催しとなりました。大阪市生野の保育園から贈られた子どもたちの元気な絵が天井いっぱいに飾り付けられました。
 交流会では被災した時のこと、この一年間の現状などが話し合われました。
 そのあとはゆめ風呼びかけ人加納浩美さんのライブがあり、おおいに盛り上がりました。中でも一番印象に残ったのは被災した車いすの女性の一言です。「笑顔、笑顔。せっかく生きてるんだから」。そういって周りのみんなを和ませていた彼女でしたが、ライブのあと、眼には涙があふれていました。         
 ゆめ風基金事務局 南純子 
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。