認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > みちのくTRY > みちのくTRYに参加して

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.25 Tue みちのくTRYに参加して

多くの人がたくさんの「何か」をつかんだみちのくTRY,
参加された皆さんから続々と、感想が寄せられています!
来年に向けて参加したい!というかたも、是非読んでください!

(実施は未定ですが^^;)





みちのくTRYに参加して
自立生活夢宙センター(すぺーすしゃとる)河野 正樹

まずは、前夜祭では、携帯2回なくしましたが、ゴミの中からちゃんと見つかりました。
TRY第一日目は、避難訓練があり歩き始めて初日であり、かなりきつかったです。
初めてのトンネルでは、歩道が狭くて押してもらって入りましたが、
車椅子が重くて二度と押さないと言われるぐらいでした。
 
二日目、体力の限界が来て昼から車で運んでもらいました。
また自分で運転していたけど、三日目以降は、交代で押してもらいました。
そしてみちのくTRY前半と後半で、仲間が2人できました。

毎日夜になると、星がとっても綺麗だったので、車椅子のリクライニングを倒して
満天の星空を楽しみました。
特に山の方に行くとよく見えました。

みちのくで歩いていると、ほとんど人と会うことが無かったですが、
駅や街で会う人には、TRYの宣伝でチラシと缶バッチを配りました。

みちのくTRYに参加することで、少し心の変化があった気がするので、
これからも頑張って、いろんな事に取り組んでいきたいと思います。




みちのくTRY 感想文
自立生活夢宙センター(すぺーすしゃとる)  関口 聖和


はじめは、夢宙の代表として乗り込んだけど、TRY3日目から僕の言ってることが
おかしいのかなと思ってきた。
それから4日目になって好きにしてもらったら、いいようにまとまってきた。

中盤になってヘルパーの足にフットレストが当たってしまって、
そのヘルパーに心配をかけた。
その日の午後からリタイアした。
その日の晩、みんなにあやまりました。

いつも歩いてて、僕の近くにボランティアとかいなくて寂しかった。
後半からはボランティアとかをつかまえて、レバー操作してもらった。
いつか忘れたけど、午前中の休憩終わりにレバー操作を頼んだ人が泣き出してしまったり、
いろんなアクシデントをのりこえてがんばった

話しは変わるけど、岩手の宮古もダメージ受けてるけど、
所々津波の被害見てたら、津波は怖いなって思いました。
宮古より陸前高田のほうがダメージ大きかった。



関口さん TRY写真


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。