認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > ちなつ、ちょっと行ってきました!

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.19 Tue ちなつ、ちょっと行ってきました!

1月22日~2月8日に開催されていた、【近畿ろうきんプロジェクト】―エイブル・アート近畿―を観てきました。

障害者だから芸術に秀でていることはない。
が、障害者だから芸術をプロディースしにくいことは確かだ。
そもそも、芸術とはなんぞやと問うた時、それはその人の存在だと思う。
 
障害者アートという言葉は、ともすれば児童絵画に近いイメージを持たれる。
懸命で純粋とされるものは、人の心を打つ。
が、障害者は子どもではない。それぞれに生きてきた歴史を持つ。

粉雪舞う少しドラマチックな大阪。
中之島、北浜の街やビルの一角で
大阪市役所ロビーで
「ひと アート まち」と題し、障害者のアートが展示された。
作品や商品からは「違って 独特」なアーティストの顔があった。


エイブルアート
 
Good Job! ―エイブルアート・カンパニーのしごと展―
写真   Able Art Company



また、1月24日のシンポジューム「コミュニティアートから生まれたGood Job」では、障害者を含めた働き方を取り組む様々な団体から報告がなされた。アートと経済、これら相反するようにみえるものをつなげてこそ、豊かな社会は実現する。
  
私たちは、その磁石の力になりたいとの言葉に共鳴した。
 

文責:事務局員・福本千夏                 

                        
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。