認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > コメントご紹介♪

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.14 Thu コメントご紹介♪

昨日は春が来た!と思ったら、今日はまた冬に逆戻り、という気温差が激しい日々が続いていますが、みなさま、体調を崩したりされていませんか?

今のところ、ゆめ風基金事務局は、なんとか元気にしております。
事務局元気の源は、振込用紙に書いてくださる皆様のお言葉です。
たくさんの「元気の素」を今日はご紹介します^^


◆早く暖かい春が来ますように。(三重県伊勢市)

◆励まされていたのは、こっちだったんですよね(。大分県中津市)

◆貧者の一灯でささやかですが続けさせていただきました。(東京都多摩市)

◆今年、米寿になります。いつまで続けられるかわかりませんが、少しでもお役に立てるようにと。(愛知県新城市)

◆ささやかな支援です。が、続けることが大事ですね。どうぞお身体に気をつけてくださいませ。(埼玉県川口市)

◆被災のTV等みるたび胸つぶれ涙が出ます。(富山県魚津市)

◆夫の介護の日々。苦しさも希望も分かち合う。(さいたま市)

◆いつもお便りありがとう。すみからすみまで読んでます。頑張ってください。(東京都多摩市)

◆東北のために、これから来るかもしれない災害のために。(千葉市)

◆また、宮城に行きたいです。(兵庫県淡路市)

◆どうか元気で頑張ってください。(東京都八王子市)

◆東日本への息長い支援、よろしくお願いします。今年もみんなで小さな幸せを分け合おうー♡ (福井県舞鶴市)

◆現在、夫が末期がんです。みなさまのお便りの力強さに励まされてます。(北海道釧路市)

◆いつもきめ細かい活動報告ありがとうございます。(長崎県佐世保市)

◆皆さんのあたたかい風が届きますように。(奈良市)

◆寒い毎日でしたが、やっと梅が咲き始めました。(東京都世田谷区)

◆活動の様子をブログや広報で見ています。頑張って活動する姿に同じ障がいを持つ者として元気をもらっています。これからも応援していきます。(岩手郡)

◆いつもご丁寧な報告。長く活動が続きますよう心より祈っております。(千葉県我孫子市)

◆少しですがひと助け(一助け)になれば、幸いです。(大阪府高槻市)

◆確実な活動収支報告をみて、少しずつ支援しようと。(広島県三原市)

◆一年に一度ですが。(徳島市)

◆住む家、食べるものが手に入る日常に感謝です。年金生活に入りますが、きちんと使っていただけるゆめ風で、心から笑える日まで続けます。(東京都八王子)

◆夫の3回忌で、少々ボーっとしてました。近頃キナくさい事件も多いですね。救援活動頑張ってください。(広島県安芸郡)

◆いつまでも忘れません。はやく元の生活に戻れますように。(さいたま市)

◆年金生活で思うように支援できませんが、少しお役に立てれば。(大阪市)

◆去年、南三陸へ行ってきました。少しでもお役に立てたらと思います。(東京都足立区)

◆少額ですが10年間、続けたい72才男より。(滋賀県守山市)

◆復興に向けて懸命に頑張っておられる方々にわずかな額ですが、心は共にの思いです。(愛知県知多郡)

◆東北支援よろしくお願いいたします。(埼玉県ふじみ野市)

◆北九州で障がい者の方と俳句会を続けています。これからも、できる事をできる時に、ゆめ風基金に協力します。(福岡県北九州市)

◆いろいろ活動していますが、なかなか希望が見えてこないのです。(東京都中野区)

◆あの悪夢のような日から、2年がたちました。復興は遅々として進んでいないのに、経済政策に関心が寄せられ、原発への関心がうすれていっているように見えてなりません。(大阪市淀川区)

◆1.17そして3.11忘れません。それが「共に生きる」。(東京都清瀬市)

◆毎年募金報告を受け、安心して募金できます。(茨城県土浦市)

◆“大きな愛 和の心”をお届け致します。みんなつながっています。共に、つながっていきましょうか?(東京都板橋区)
◆ずーっと共に歩く、ずーっと共に生きていくよ!(大阪府吹田市)

◆先日、東北大学にて行われました「ニッポンのジレンマ僕らの復興論」の公開収録に参加して参りました。地方自治と当事者意識がキーワードとなりました。柔軟な考えで、障害者も当たり前に暮らせる地域づくりができたらいいな、と思いました。10年後も継続できるよう、自分なりのコミットの方法を考えたいと思います。(兵庫県姫路市)

◆年末の紀伊国屋ホールでのオークション売り上げの一部です。(静岡県伊東市)

◆初めて送金した3.11の時を忘れずにいたいのです。共にがんばりましょう!(神奈川県相模原市)

◆半年分の貯金箱より。(東京都江戸川区)

◆平和というものは難しいものなのでしょうか?(滋賀県東近江市)

◆もうひとけた上の額が寄付できるくらいに成功したい!(埼玉県所沢市)

◆上松町のフリーマーケットの売上げを東北支援に。(長野県木曽郡)

◆一度、機会が有れば行事に参加したいです。注文した冊子、届きました。(愛知県北名古屋市)

◆日本の原発存続に北朝鮮の核実験、人類が核の迷妄から脱け出せるのはいつの日か?(さいたま市北区)

◆厳しい冬も、あと一息なのに、春の足音が遠くに聞こえます。(東京都府中)

◆ゆめ風だよりを拝読させて頂き、皆さまの心のこもったお働きに感謝です。私も79才。これが最後になるかもしれません。(埼玉県児玉郡)

◆ゆめごよみ風だよりをいつもありがとうございます。被災地に平穏な日々が戻るまで少しずつですが応援し続けたいと思います。(兵庫県加古川市)

◆少しでも楽しい生活がおくれますようにと願います。(神奈川県横浜市)

◆何も解決しないまま、忘れられたような昨今に腹が立ちます。(東京都世田谷区)

◆原発は絶対にいらない!!「強い日本」になる必要があるのか?(長野県佐久市)



みなさん、おひとりおひとりに事情がおありでしょう。
つらいこと、しんどいこと、悲しいこと、怒ること…
それぞれ「事情」がある中、「ゆめ風」に期待して救援金をお寄せくださった皆様に改めて感謝申し上げます。
お預かりしたお金は、必要なところに確実にお届けするよう活動します。


こうして、いろんなお言葉を頂けることが、私たち事務局を奮い立たせ、一歩一歩前進するエネルギーとなっております。
きちんとお返事すべきところ、こうしてまとめてのご紹介になりますこと、お許しください。

まだまだ寒いです。
どうぞ、お体ご自愛くださいませ。

あれから2年。
ほとんど「変わっていない」ことも忘れずに…

事務局一同 


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。