認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 未分類 > 訃報

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.18 Tue 訃報

<訃報>

ゆめ風基金理事 楠敏雄さんが2月16日永眠されました。
阪神淡路大震災の年に発足してよりこれまで、ゆめ風基金を支えてくださいました。
本当に本当に残念でなりません。まだまだ教えていただくことがたくさんありました。
衷心よりその死を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

障大連の片岡さんが経過をまとめておられますので、以下掲載させていただきます。

ゆめ風基金一同

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然の残念な報告をしなければならなくなりました。

楠さんの訃報を胸に納めていただき、いつできるか分からない事後の連絡をお待ちいただくこと、切にお願いします。                  



DPI日本会議副議長、インクルネット事務局長、障大連議長等々

楠敏雄さんが2014年2月16日午前11時43分永眠されました。

葬儀は家族葬で執り行われます。



極めて簡単に経過を報告させていただきます。

2013年10月24日入院、25日胆石・胆嚢摘出手術、26日一泊して27日退院の予定でした。

しかし、予後が悪く一進一退の状態が続きました。

退院の時期が決まりそうだという時もあったのですが、酸素吸入が必要になり、11月13日朝集中治療室に入り、人工呼吸器他の治療と検査を受けました。

呼吸が悪くなる(血中酸素濃度が低下する)原因は分からずじまいでした。

ICU→HCU→一般病室と、日時はかかりましたが徐々に回復し、リハビリも始まりました。

12月末になって再び息が荒くなり、1月2日早朝人工呼吸器が装着されました。

この時も持ち直し、翌日人工呼吸器は不要となりました。

1月10日に透析をされた後再び容態が悪化し、1月13日人工呼吸器が装着され、以後透析も実施できなくなりました。

その後も驚異的ながんばりを見せていただき、昨15日16時前に容態悪化、「あと数時間」と言われました。

18時頃の検査では容態が持ち直し、駆けつけた人は三々五々帰宅しました。

今回は奇跡も起こらず、本日2月16日、誠に残念な結果となりました。



繰り返しお願いします。

楠さんの訃報を胸に納めていただき、いつできるか分からない事後の連絡をお待ちいただくこと、切にお願いします。



連絡・問い合わせは障大連事務所にお願いします。

  障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議(障大連)

  〒543-0072 大阪市天王寺区生玉前町5-33

    大阪府障がい者社会参加促進センター内

  Tel:06-6779-8126

  Fax:06-6779-8109

  Mail:t-furuta@saturn.dti.ne.jp
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。