認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 「あるくる」の前田さんと「あるる」の安原さんが基金を届けてくださいました。

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.05 Sat 「あるくる」の前田さんと「あるる」の安原さんが基金を届けてくださいました。

 4月4日、特定非営利活動法人「あるる」の前田さんと安原さんが事務所に来られました。
前田さんは作業所「あるくる」で最初のバザーを開き、その売り上げ金をゆめ風基金にと届けてくださいました。
また、安原さんは「あるる」有志の方々からの基金を届けてくださいました。
 ゆめ風基金の事務所に直接届けたいということでしたので、牧口一二・ゆめ風基金代表理事が「あるる」のみなさんの思いがこもった基金を受け取りました。
 バザーの売上金の方は硬貨がほとんどで、ずっしりと重い封筒の中の硬貨のひとつひとつに「あるくる」のみなさんの心と、バザー用品をお買い求めいただいた方々の思いが重なっているようでした。
 また、安原さんから頂いた基金の封筒にはたくさんのメモがきがしてあり、ゆめ風基金に届くまでに「あるる」の方々の心から心に手渡されてきたことがつぶさにわかりました。
 また、安原さんは障害者救援本部の会議や秋の「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」などで事務所に来られたこともありますが、前田さんははじめてゆめ風基金の事務所に来て下さり、牧口代表理事から直接ゆめ風基金の活動についてお話し、新しい出会いとなりました。
 前田さん、安原さん、「あるる」のみなさん、ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いします。

2014年4月4日あるる訪問
左から、安原さん、前田さん、牧口代表理事

2014年4月4日あるる訪問


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。