認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 豊能障害者労働センター ~ 春のバザーに行ってきました!

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.27 Tue 豊能障害者労働センター ~ 春のバザーに行ってきました!

気候が良いこの時期には、いろんなイベントが続きます。

5月24日(土)、毎年、5月に箕面で行われる「みんなでつくる春のバザー」に、ゆめ風基金事務局も、参加してきました。
豊能障害者労働センターホームページ
恒例となった、パゆめ風パネル展示。



丁寧にじっくりと見て下さるかたが多く、嬉しくなりました。
震災から3年を過ぎ、報道も世間の関心も薄くなりがちですが・・・。
皆さんと「忘れない」活動を続けていきます。




(アフリカ太鼓。母なる大地を思い打ち鳴らすリズムは、考えるより先に体が踊りだしたくなるんです)

ステージでは、歌や箕面高校のダンス部パフォーマンス、紙芝居など、盛りだくさんの企画が行われました。

こういうイベントの楽しみは、それぞれのテントが出す食品♪
焼きそば、パン、ところてん、きゅうりの漬物、ホルモン焼き、などなど、朝ご飯を抜いて、昼食をたっぷり食べられるよう、私の態勢も万全!!!

食器や台所用品、古着のバザーなども格安で販売していて、近所の人たちがふらっと来て、顔見知りの障害者と談笑する。そして自由に遊んで帰る。
そこには障害の壁はなかったと感じました。

地域で生きていくことを実践し続けた、豊能障害者労働センターの長年の活動に拍手を!


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。