認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 近畿ろうきん > サポートV報告会その②

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.18 Fri サポートV報告会その②

だんだん冷房が効かないくらいの熱気に包まれる会場に、ゲストの清水哲さんが登場!
阪神対巨人の野球大好きトークでさらに盛り上がります!




そして、小室等さんと清水哲さんのトーク。
中途障害者である清水さんの、まさに「哲学おしゃべり」に、なるほど~の声も。




そして小室等さんとこむろゆいさんのステージです!




小室さん、ゆいさんの熱唱する『道』という歌には、
「右に行くのも、左に行くのも、今は僕の自由である」という歌詞があります。

歌詞は、黒田三郎さんという、今はお亡くなりになった詩人が、日本が敗戦し、やっと戻ってきた故郷の鹿児島が焼野原だった、そのときに感じた思いを綴ったものだそうです。


「右に行くのも、左に行くのも、今は僕の自由である」
この場にいたひとみんなが、これからも考えていかねばならないフレーズだと個人的に思います。


さて、30分にわたる熱唱のあと、フィナーレです。
近畿ろうきん 副理事長の若山 忠義様から閉会のご挨拶があり、
清水さんも舞台にあがって、最後は「風と夢」というゆめ風応援歌を会場のみなさんとも合唱して終了!





こうして、ご支援くださる方々へ、成果をご報告できるイベントを、これからも開いていきます。
そして、支援にこたえなければと踏ん張っている東北の仲間たちに、無理せず、一歩ずつ一緒に歩いて行こうと誓った一日でした。

近畿ろうきんさん、多くのボランティアスタッフの皆様、そして、ご来場いただいた皆様に、
心から感謝を・・・。

ありがとうございました!
また、来年お会いしましょう!

(長崎)

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。