認定NPO法人 ゆめ風基金〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106/TEL:06-6324-7702・06-6324-7703
FAX:06-6321-5662/E-Mail yumekaze@nifty.com

阪神・淡路大震災を機に地震などで被災した障害者を支援する団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の多数の方々を呼びかけ人とし、自然災害の被災障害者への救援・支援をつづけています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト

Home > 事務局便り > 防災の日に

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.05 Fri 防災の日に

ゆめ風では、「おおさか行動する障害者応援センター」と
盲ろう者友の会「手と手とハウス」主導・協力のもと、
中学校にて、、避難訓練・その事前学習会、講演会を行っています。

脳性まひの言語障害の福本も、
「話しづらい・聞きづらいかたとのコミュニケーションを図るには」と題し、入職以来、参加。

実は、このプロジェクト、脳性まひの女の方が、
中学生にからかわれたことが始まりでした。
いじわるな福本は、中学生の前で、まずくねくね体操をします。
皮肉と愛情をこめて、理解と親睦をねがって、「1 2 3、はい、マネして」って。
伝えることは、大きな字で書かれたファイルや黒板を使います。
語るときは、全身で声にならない声を出します。

不思議なもので、私の言葉をすぐ容易に聞き取ってくれる生徒さんに毎回出会います。
彼女・彼らが声にならない声を広げてくれます。
でも、避難訓練の最中に、教師にわからないように、
私のマネをするやんちゃさんにも出会うこともあります。
「なんで、今やねん。するんなら、みんなの前でしていただきたくぅ」と、
福本は、立膝で這って体育館で追いかけて乱闘いや転倒しかけることも・・・。
へへへ。つい、はりきっちまう、おばさんです

子育てを終え、中学生に出会うことなんて、もうないとおもつていた私が、
筋硬縮と失禁の冬も元気に過ごせるようになったのは、
このプロジェクト参加のおかげやもしれません。

今年も、始まります。中学生プロジェクト!
あなたの街にも、お呼びいただければ♡
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。